症状別ブログ

歩くと足の中指と薬指辺りがピリピリ痛い、シビレが続く。どうすればいいの!

外反母趾と共にお悩みで多いのが、足の中指・薬指、その付け根辺りの痛みやシビレです。

歩いているとピリピリ、ジンジン痛いというお声が相当数あります。

今回はこの症状についてお話していきます。

目次
① この痛みシビレの正体は?
② 手術になる場合も
③ 間違った歩き方
④ 理にかなった歩行『ゆるかかと歩き』
⑤ 正しい歩き方を身に付けると
⑥ まとめ

 

① この痛みシビレの正体は?

さて、この中指・薬指辺りの痛みやシビレについては、病院で診断してもらわなければ

分かりませんが、モートン病の可能性が高いです。

下図の様に中指と薬指の間にある神経が挟まれ、圧迫を受けることで、痛みやシビレを

起こしています。

まれに、人差し指と中指の間、薬指と小指の間のこともある様です。

出典 一般社団法人ネイティブウオーキング協会

 

当センターに来院した純子さん(仮名 50代主婦)も歩くと中指と薬指の付け根辺りが

ビリビリ痛く、シビレもありました。

半年近く経っても良くならないので、骨折でもしているのかと病院に行ったそうです。

検査の結果は、骨折ではなくてモートン病とのこと。

 

最初はインソールを作って履いていたのですが、改善が見られないので、ステロイド注射

を2回しましたが、あまり変化が見られず当センターに来院することに。

純子さんの足を見せて頂くと、中指と薬指の痛みの他に、外反母趾、偏平足、魚の目に

タコまで、まるで足の病気の問屋さん状態。

でもこれは純子さんだけでなく、同じような方は意外と多いのです。

 

② 手術になる場合も

このモートン病、そのまま放っておくと、鋭い痛みで歩行障害になったり、改善が

見られないと手術をしないといけなくなる場合があります。

痛みのある神経の近くの靭帯を切り、神経にかかる圧力を減らしたり、神経腫が

大きい場合は取り除く手術をします。

それでも完治せずに、痛みは取れてもシビレが残る場合があるそうです。

 

大リーグで活躍している大谷翔平選手の同僚であるマイク・トラウト選手も、

モートン病で神経腫が悪化し、緩和処置の効果が見られないため手術をしましたね。

 

③ 間違った歩き方

一般的にモートン病は、アーチがつぶれて、開帳足になった足に、先の狭い靴を

履いたがために引き起こされるといわれています。

ですから幅広の靴を履くようにしたり、整形外科でも純子さんのようにアーチを

作るようなインソールを勧めたり。

 

この様に何でもかんでも、インソールを入れてアーチを持ち上げよう持ち上げようと

考えがちですが、もしあなたご自身の歩き方が「アーチをつぶすような歩き方」

になっていたとしたらどうでしょう。

だとしたらその歩き方を変えなければ、本当の解決にはならないのではないでしょうか?

ではこの「アーチをつぶすような歩き方」とは一体どんな歩き方なのでしょう。

 

実はこのアーチをつぶすような間違った歩き方は、足病先進国の間では結構メジャー

な事柄なのです。

アメリカ足病医学では、オーバープロネーション(過剰回内)という歩き方により、

アーチがつぶれ、足幅が広がってしまうと分かっています。

つまりアーチがつぶれ続けるような歩き方に原因があるのですね。

 

④ 理にかなった歩行『ゆるかかと歩き』

さあ、ここまで分かれば、モートン病を改善し再発させない方法を手に入れたと同じですね。

アーチがつぶれるような歩き方に原因があるのなら、そうならない歩き方に変えればいい分けです。

 

当センターでは、アメリカ足病医学に基づいて開発された、足に負担のかからない正しい

歩き方『ゆるかかと歩き』をお教えしています。

この歩き方は、外反母趾や内反小趾を改善に向かわせる歩き方ですが、モートン病も根本原因

は同じで、足に無理な負担をかけないことで改善していくのですね。

 

⑤ 正しい歩き方を身に付けると

純子さんは『ゆるかかと歩き』を徐々に身に付けていかれて、一月後にはかなり痛みの状態は

改善して、三か月後には痛むことはなくなりました。

それだけでなく、外反母趾の角度も改善が見られ、タコは柔らかくなってきて、魚の目の目も

小さくなってきました。

今まで足が痛くて長く歩けなかったため、好きなウインドウショッピングも出来なかったのが、

今は自由に歩き回れると、嬉しそうにおっしゃっていました。

 

純子さんの様に病院で診断されてからいらっしゃる方より、中指・薬指辺りの痛みやシビレが

なんだか分からず、不安を抱えながら来られる場合が多いですが、皆さん『ゆるかかと歩き』

を習得して、今は幸せな時間を手に入れています。

 

⑥ まとめ

モートン病あるいは診断を受けていなくても、中指・薬指辺りの痛みやシビレでお困りの方は、

幅ひろの靴に替えたり、開帳足用のインソールを入れたりしても、それは根本改善には

ならないのですね。

早く痛やシビレを良くしたいとお思いでしたら、歩き方を正していくのが一番の近道。

もしお悩みの方がいらっしゃいましたら、どうぞご相談くださいね。